キヌアで地域おこし Promover economía local con quinua

 

上は北海道上川郡で試験栽培を行った時の写真です。

 

キヌアはその栄養的な価値のみならず景観作物としても大きな期待が持てます。ただし食用を目的とせず、道路脇や中央分離帯などにキヌア・ロードとか銘打って栽植することはオススメできません。それはキヌアにとって過酷な生育環境になると同時に、収穫物は排気ガスまみれで食用に適さず、キヌアにとっても、人にとっても悲しいこと(キヌア原産国では大切な食料、それらの国々の人たちに対するリスペクトという点でも…)。実際に日本でそのような取り組み事例もありますが。

これまで北海道、宮城県、福島県、長野県、福井県、徳島県、高知県の地方自治体や農業者団体からの要請でキヌアの試験栽培に関与し、実際に現地に赴いて技術的支援、情報提供などを行ってきました。また上記の他にも個人、企業、団体などからの問い合わせに適宜対応しております。

これからキヌアを新規作物として導入してみたいという地方自治体関係者や農業者団体、農業高校などで教育的な素材としてもキヌアに興味、関心をお持ちの教育機関の関係者、試験栽培を行ったけどうまくいかなかった方、これから挑戦してみたいという方など、気軽にお問い合わせください。

 

下の写真は長野県、八ヶ岳を背景に試験栽培を行ったキヌア