キヌア・バンク(キヌア無償提供)Banco de Quinua

フードバンクが実施する路上生活者への炊き出しボランティアにてキヌア入りスープを提供。

 

キヌアを社会に役立てる、これが「みんなのキヌア」が目指している目標の一つであり、活動の根幹にもなっています。

国連FAOが2013年を「国際キヌア年」に制定したその理由は、キヌアが世界の飢餓、貧困の根絶に寄与するであろうということに期待をかけたからです。

私が2016年3月に実施したキヌア・プロジェクトのためのクラウドファウンディングでは「キヌア・バンク」という考えを打ち立てました。これは、栄養価の非常に高いキヌアをストックして、フードバンクや子供食堂に無償で提供したり、路上生活者の方々のための炊き出しに利用することです。

まだ実現していませんが、ストックするキヌアはフェアートレードで輸入したものを使用し、キヌア原産国の生産者の方々にも「自分たちが生産しているキヌアが地球の反対側の日本で役に立っている」ということを実感していただけたら、どんなに励みになるか…。これは一方的でなく正に双方向型の国際協力とも言えます。

また、日本国内でもキヌア生産の機運が出てきましたが、そこで生産するキヌアの、ほんの僅かでも良いので「キヌア・バンク」にご寄付いただければと考えています。社会に貢献する「キヌア生産者」として、ますますキヌア栽培に誇りが持てることでしょう。

「キヌア・バンク」の実現に向けて多くの方々からのご協力をいただけたら幸いです。日本各地の子供食堂やフードバンクのご関係者からのご連絡もお待ちしております。